メール添付によるデータ転送というものについて考えてみれば

もっとも一般的なデータの転送方法とは?

データの転送方法としてもっとも一般的と言えるものが、メール添付という方法でしょう。1時間を超えるような大容量の動画データなどでなければ、このメール添付でデータを転送してしまうことができます。多少、大き目のデータであったり、複数のデータを転送する場合には、アーカイブしてしまえばデータ容量を大幅に圧縮できますし、複数データを一本のファイルにまとめてしまうこともできますから、このメール添付で十分に用が足りてしまうわけですね。

メール添付によるデータ転送の利点とは?

メール添付によるデータ転送の利点は、メールの本文で転送するデータの内容を解説したり、転送時の事情などを説明することができるという点でしょう。このために、転送したデータに問題があったり、その内容について転送先の相手が問いただしたりしたい場合には、返信メールでそのまま問い合わせることができてしまので、データの転送に伴って発生する問題の解決もしやすいわけなのですね。ほとんどの場合、業務上で必要となるデータのやり取りがメール添付で行われているのも、こうした利点があるからなのです。

知らない相手からのメール添付を開いてはダメ!

このメール添付によるデータ転送である場合に、ぜひとも留意しておかなければならないことは、知らない相手から送られてきたメール添付は絶対に開いてはならない、ということです。というのも、メールに添付してウイルスを送りつける、というサイバー攻撃が行われているからなのです。このために、メール添付によるデータ転送というものは、あくまでも、お互いに知っている同士の間でのみ行うこと、という鉄則を守ることが不可欠なのですね。

大容量ファイルとは大きなサイズのデータが入っているファイルのことで主にコンピュータやスマートフォンのシステム設定でよく出てくる。