トイレ詰まりを直すのにはこの三つの方法を試しましょう!

まずはラバーカップを使ってみましょう

トイレ詰まりってやっかいですよね。詰まりの原因のほとんどは、トイレットペーパーや大便からきているので、ちょっと一工夫すればトイレ詰まりは解消することができるんです。まずは、ラバーカップを使ってみましょう。ラバーカップはすっぽんともいい、皆さんなじみがあると思いますが、それをトイレの排水口に吸着させ、数回ほど、押したり引いたりを繰り返します。ここで大切なのは、空気が入らないようにして、真空の状態を作りながら吸着させることで、これで詰まりの大半は解消できるでしょう。

ラバーカップがだめなら、水を流しいれてみよう

もしラバーカップを使って、トイレの排水口に押して引いてを繰り返しても詰まりが解消できなかった場合は、バケツに水を入れて、詰まりを直してみましょう。水をトイレの高い位置からゆっくりと流し入れていきますが、ここで大切なのは、水を勢いよく流しいれないことです。汚水がトイレから溢れ出すことになりかねませんので、注意が必要です。そして、水をゆっくりと流していくことで、詰まりの解消へとつながりますので、試してみてください。

最後の手段は重曹です

さて、ラバーカップを使ってもだめ、水をゆっくり流しいれてもだめだった場合、重曹を使って詰まりを直す方法があります。まず、バケツ一杯のお湯を用意し、重曹をカップ半分ほど入れ、お酢もカップ一杯分入れ、よく混ぜます。なぜ重曹とお酢なのかというと、これらがトイレに詰まっているものを柔らかくする作用が働き、詰まり解消に一役買ってくれるからなんです。そしてそれをゆっくりとトレイに流しいれ、一時間ほど放置してから、水を流します。これでトイレの詰まりは解消されるでしょう。

家庭でのトラブルで多いのが水回りのトラブルです。水道が故障してしまった際には、水道修理は自分で行わずに早めに業者に依頼するようにすることが大事です。