在庫管理に倉庫の活用!コストを考えた倉庫の姿

商品販売業なら必要になる在庫管理

商品を仕入れて一般の人に販売していくことを生業とする場合には販売する商品の在庫管理を行っていくことが必要になります。店舗の陳列棚に全ての商品が置ける規模の販売店でない限りはある程度の在庫を倉庫に保管する必要があり、その管理を行わなければなりません。倉庫にある商品の数や仕入れ時期と販売期限を考えることに加えて、その品質を保つための倉庫環境の維持も必要になることから、在庫が増えるほどその維持にもコストがかかります。

できるだけ倉庫スペースを削減してコスト対策

商品販売で利益を上げるには仕入れと売上げの額の差額を大きくしていくのが基本スタンスであり、そのマージンがどれだけあるかによって収益は大きく変わります。しかし、できるだけ多く売るためにはマージンを小さくしなければならないでしょう。そのため、収益を大きくするためにはコスト削減の考え方は不可欠です。その焦点に置くことができるのが倉庫の在庫管理です。倉庫スペースをできるだけ削減できるようにすることで倉庫面積を減らし、レンタルコストや温度管理、在庫探しにかかるコストを削減することができるのです。

倉庫スペースを減らすための工夫

倉庫をできるだけ小さくすることによるコスト削減を考える場合には、最小限のものを在庫として持つということが原点となる考え方です。在庫をもたつかせるとそれだけ廃棄に回さなければならないものも増えることから理想的なアプローチでしょう。それに加えて重要なのが無駄なスペースを作らないということです。扱う商品の大きさに応じた棚を設置したり、商品の移動に必要最小限となる通路を確保したりして省スペース化に努めるのが倉庫を広く使うために重要なのです。

3PLとはthird-party logisticsの略で、荷主企業に変わって物流部門を代行し、第3者として最も効果的な物流戦略の企画やシステム構築の提案サービスを提供している企業のことです。