もう慌てない!突然のトイレ詰まりの対処法

まずはどんな風に詰まっているのかチェックしよう

突然自宅のトイレの水が流れなくなってしまい、困ったという経験は実はよくあることです。トイレの詰まりにはさまざまな原因がありますが、単純にトイレットペーパーが詰まってしまっているというケースも少なくないので、必ずしも故障しているというわけではないのです。もしも軽微な詰まりであればそれほど慌てる必要はないので、まずはどのような詰まり具合なのかチェックしてみましょう。何か大きな異物を詰まらせていたり、トイレ自体が割れたり故障してるようでなければ、自分で詰まりをとることも可能になってきます。

ペーパー類の詰まりならラバーカップで詰まり解消

便器の水が溜まるところにペーパー類が詰まっているような状況であれば、ホームセンターなどで簡単に手に入る道具で直すことができるかもしれません。およそ1000円前後で手に入るラバーカップを用意して、チャレンジしてみましょう。やり方としては、便器の水が溜まるところにラバーカップの先端を当て、押し込むようにしてからかぱかぱと何度か前後に動かします。この単純な動作で、軽微な詰まりであれば流し込むことができるはずです。その際、溜まっている水の水位によっては大幅にはねる可能性があるので、雑巾などを敷いてから作業をすると汚れずに済みますよ。

どうしても、の際は早めに専門業者へ連絡を

このように、トイレットペーパーなどの軽微な詰まりであれば専用のラバーカップを用意すれば簡単に治すことが出来ます。しかし中には軽微なつまりではなく、本来トイレには流してはいけないようなサイズや材質のものを詰まらせてしまったりトイレ自体が破損しているというケースもあります。このような場合は自分で直すことが難しく、水漏れなどの二次被害にあうことも考えられるため、できるだけ早めに専門業者に見てもらうことも頭に入れるとよいかもしれませんね。

水漏れの原因は自己判断が難しいので、まずは業者に問い合わせてみて、必要そうなら見積もり依頼をすると安心です。